磨きコーティングとは

 車のコーティングには大きく分けてボティーのコーティングやホイールのコーティングの2種ある。しかし、みなさんは、車のコーティングを行う上で最も重要なものは何かご存じだろうか。それは、前処理と磨きである。特に磨きをしっかりと行わなくては、どれほど素晴らしいコーティング剤を使用したとしても完璧なコーティングにはならない。今回は、磨きコーティングの話を主にしていきたいと思う。

200以上の業種から選ぶ開業準備手引き書 業種別スタートアップガイド|J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

 自動車の磨きコーティングを行う場合、お店に任せる場合と自分で行う場合の2通り存在する。しかし、お店で任せるコーティングというものは、正しい順序を飛ばし、最終的にきれいになったらいいという目的で行っているところが多いという。ゆえに、完璧にきれいにコーティングを行いたい場合は、自分でコーティングをすることをお勧めする。では、そのコーティングの流れについて話していこう。

自動車修理 仙台

 まず、細部の汚れを落とすために軽く水拭きをしたり、乾拭きをおこなったりという地道な作業をしていくことから始まる。この作業はコーティングの作業の中で最も時間がかかり、もっとも面倒くさい作業であるが、もっとも重要な作業でもある。この細部の汚れを落とさないと、たとえ全体的にコーティングがうまくいったとしても、その細部の部分だけ悪目立ちをしてしまうことが多くある。そのため、ナンバーやワイパーなど取り外せるものは、取りはずして汚れを落とすという工夫を入れながら行うとよいだろう。次は洗車である。きれいに見えていても、砂やほこりなどの微粒子が付着しているため必ず洗車をする。

無認証工場に支払った違法整備代金の返還請求について

次は、鉄粉をネンドで除去する。鉄粉は1年が経過するとほぼすべての車に付着する。特に線路周辺や大通り、高速道路の下などに駐車している車に多く付着している。洗車後触ってみると、少しザラザラしているのが鉄粉であるため、確認してみるといいだろう。そして、マスキングを行った後は、磨きに入る。もっとも重要な作業の1つである。洗車でできた水垢や小さな傷などを目立たなくするため、様々な工具を用い、きれいに磨くことがとても大事になってくる。そして、車が傷むことのないように、特殊な粉を車全体にかけ、そしてコーティングに入るというのが、一連の流れになってくる。

 手間暇がかかる作業ではあるが、愛車を大切にしたいという気持ちがあるのならば、自分の手でこれらのことを行うこともよい方法だと言えよう。