現在乗っている車をどうするか

 乗り換えを行った際に、自分が今まで乗っていた車をどうするのか。それは、自分で残すのか、売るのか、処分するのかを決めていかなくてはならない。

ココが廃車

 では、まず、処分について話していこう。愛車から新車に乗り換える際に、愛車を処分するという場合には、まず、最初に行うのは、買取査定を受けることである。査定を受けることによって、車の状態を知ることができる。また、買取査定は車検とは違うため、お金がかかることはなく、良心的なところであれば、無料で出張買取査定を行ってくれるところもある。

軽自動車税(原付バイクの手続きなど)

忙しい方でも気軽に査定を受けることができるため、とても便利である。査定を受けた後は、自動車の廃車手続きを行わなくてはならない。ここで注意してもらいたいのが、処分に悩みすぎていると、毎年送られてくる自動車税が容赦なく送られ続けることになる。年内に処分を行うと、月割りで自動車税が返ってくる。ただし、軽自動車の場合は、軽自動車税は年額払いであるため、年度の途中に自動車の廃車手続きをしても自動車税の払い戻しはないということに注意していただきたい。このように、処分という形を選ぶととても面倒くさい作業は多く存在する。

軽自動車等(バイクなど)を廃車する場合の手続きについて知りたい。 | 宇都宮市

 次は、売る場合である。愛車を売る方法としては、ディーラーに下取りを行ってもらう、または、知人内で車を売るという様々な方法が思い浮かぶ。しかし、これらの方法は大きな間違いがある。下取りを受ける場合、ディーラーでは、査定はマニュアルに沿って行われているところが多く存在しているため、腕の良い査定士でも新人の査定士でも値段は全く同じになることが多い。下取り査定はその車種に応じて、その業者によって独自に決められている値段から減点法で行われるのが主であるため、査定額は、自分が希望している価格よりとても安くなってしまうことがある。また、トラブルもついてくるため、あまり良い方法とは言えない。

では、どのようにしたらいいのか。それは、専門の買取業者に依頼するのが最も良い方法である。自分の愛車を様々な側面から正確に判断し、評価してもらうことができ、また、査定価格が納得いかない場合でも他の業者に頼むこともできるため、一番高い値段が付きやすい方法としてあげられるものである。
 このように、現在乗っている車の後処理にお困りのようであるのならば、まず、売るのか処分するのかを考え、そこからどのように行うのかを考えてもらいたい。