廃車が売れる理由

私、海外旅行が趣味で、これまでかなりの数の国に旅行してきました。でもどこの国に行っても日本車って走っているんですよね。もちろんアメリカの都市部やヨーロッパなど、日本と同じような先進諸国では、日本車を輸入して新車として取り扱っています。

軽自動車税 - くらしのガイド | 仙台市

しかし、中近東やアジアになると話は別。日本では全く見かけなくなったような古い型式の日本車、それも見るからにボロボロで傷だらけの車がそこかしこに走っているんです。エンジン音がおかしいなんて日常茶飯事。前回と前々回のコラムで触れたように、日本車の廃車の基準は「5年型落ち」とか「走行距離10万キロオーバー」と水没してしまったとか事故を起こしてしまったとか様々です。


でも、そんな車でももちろん、実はまだまだ十分走る車がほとんど。日本の車の性能のよさを知っている海外では、いくらボロボロの中古車とはいえ、丈夫で壊れにくい日本車はとても人気があるんです。これが日本の業者が廃車同然の車でも買い取って、または引き取ってくれると言う理由の1つ目です。理由はあと2つあります。2つ目は中古車の部品がリサイクル品としての価値があるため。この部品の再利用には、細かく分けるとリサイクル品とリビルト品があります。

春日部市/軽自動車税(登録・名義変更・廃車手続き)

もう使えないと思われるような細かな部品でも、リビルト品を完成させるために必要不可欠な物も多数あるらしいですよ。パーツによってはオークションで高値で取引されることも…。理由の3つ目は鉄資源としての利用価値です。車のボディで、まるごと鉄でできています。スクラップにしたとしても、十分資源としての利用価値があるのです。

さらにその時の鉄の売買相場が高ければ、それなりの値段がつくみたい。廃車にもこんなに魅力的な理由が3つもあるならば、確かに解体業者が多数存在するのもうなずけますよね。私たち消費者は、なるべくたくさんの情報を集めて少しでも高く買い取ってもらえるところを探す努力をするべきです。