競売開始決定通知とは

競売開始決定通知とは、債権者の申し立てによって、その債権者が請求する債権の弁済を目的として、担保不動産などを差し押さえ、それを競売にかける手続きを開始しましたというお知らせであり、裁判所から特別送達という郵送手段で届きます。必ず宛名の人物に郵便配達人が手渡しすることが決められており、記録にも残ります。この通達が届いてから約7ヶ月経過すると競売による落札が成立し、そこから3ヶ月程度で立ち退きを完了しなければならなくなるというのが一般的です。

仙台 競売のサイト

そもそもこの事態が住宅ローンに関することであったなら、競売開始決定通知が届く前段階として、金融機関から再三の催促状や督促状が送られてきているはずで、そのほかにも電話や実際の訪問が行われていることも充分考えられます。しかし、その通知を無視していたり、電話や訪問を相手にしなかったり、あるいは宅を長期間不在にしていたためにそうした対応を取れない場合だって考えられますが、とにかくそうした意図があるないに関わらず、債務者が何ら対応、対策を講じることができないか、またはその意志がないと判断された場合、債権者は債務の回収に関し、一括返済を求めることになります。これがいわゆる期限の利益の損失であり、不動産競売における大きなターニングポイントとなるわけです。

福岡の不動産競売情報や競売物件取得は堤エステート

競売開始決定通知とは、債務者の不動産がその大きなターニングポイントを越えてしまったことを通達する側面を持っており、この段階まで来てしまったらいかにローン返済に関する工面を行ったとしても、自宅などの担保不動産を失うことは基本的に避けて通れなくなります。ですから、競売開始決定通知が届いたなら、自宅を含む不動産をいかに上手に売却し、少しでも債務を軽減して再出発に備えるかを考えなければなりません。

オークション宅急便(個人のお客様) | ヤマト運輸

しかし、実際のところ、競売開始決定通知が送られてくる状況下にある債務者の多くが、債務不履行となる原因となったトラブル(失業、倒産、病気、怪我など)の対応に四苦八苦しているものであり、事態の重大性を見過ごしてしまうか、それに気付いていても何もすることが出来ないままになってしまいます。

ですからこうした通知が届く前に、何らかの対策を講じておくことが最も重要なのであり、さらには通達を受けた場合の対応もあらかじめ想定しておくべきでしょう。これらは窮地にある債務者本人には難しい問題であり、どうしても専門家への相談が必要になってきます。